カードローンに落ちてしまう理由

消費者金融や銀行カードローンには必ず審査があります。
その審査基準は公開されていませんので、自分がなぜ審査に落ちてしまったのかは正確にはわからないことがほとんどです。
ですがカードローンの審査に落ちてしまう理由はいくつかあります。
審査落ちの理由をご紹介しますので、審査ポイントとしてお読みください。

 

過去にカードローンを借り入れて返済を滞納してしまった場合、事故としてカードローン会社に記録されてしまいます。
その記録は全金融機関が共通で参照できる信用情報として記録されますので、一度返済で事故を起こしてブラックリストに載ると、次の借入が困難になります。
全国銀行個人情報センターでは破産などの官報情報の保管は10年としており、そのため完済して10年は申し込んでも審査に通ることはできない可能性があります。書類に嘘を書いてしまった場合も、審査で落ちることが多くなります。
理由ですがカードローン会社においては、申込者の記載内容が真実かどうかをチェックするシステムが多く備わっているからです。
たとえば年齢と勤務先と勤続年数でだいたいの年収はわかるようになっています。
そこで収入を多めに書いて申し込みすると、審査で嘘がわかってしまいます。
そうしてあまりに嘘がある場合は審査で落ちることになります。
審査を受ける場合は書類に嘘を書かないでください。
特に年収などは条件を良くしようと高い年収を書きがちですが、しっかりと交通費抜きの額面年収を書くようにしてください。

 

申込書に抜けがあったり電話の応対が気もそぞろだったり窓口で申し込みするのにソワソワしていたりなど、どこか人物面で信用に足らない人物だと思われると借入が難しくなります。人間性がルーズだと返済にもルーズさがあらわれるからです。
そのため心配事などは早めに解決しておき、人間性の面でアウトにならないように気を配りましょう。
電話や無人契約機のカメラなどを意識してしっかりとした応対をこころがけてください。

 

審査の際には他社からの借入件数も審査されます。
それが3社以上だと次の新規での借入は困難になります。
たとえひとつひとつは少額の借入であっても、審査の際には他社からの借入件数もしっかりとチェックされていますので注意が必要です。
借入件数があまりに多い場合は、おまとめローンなどを使って借入をひとつにまとめておくのもひとつの手段です。

専業主婦の借入

カードローン会社の審査に通過するコツはこのサイトでより詳しく説明されています。
審査落ちを防ぐために申込み前に確認しておきましょう。

 

借入※安心のカードローンは?徹底比較で検証しました【借入123】
http://www.zvakwana.org/