カードローン契約時に欠かせない必要書類とは?

日頃の暮らしの中で急なお金の用立てに迫られた時、銀行や消費者金融が提供する融資サービスであれば迅速かつ手軽に不足額を補うことができるでしょう。とりわけカードローンは使い勝手の良い借り入れ方法で、一枚の個人カードを発行するだけであとはお金の必要性に合わせてATMに直行すれば簡単な画面操作ですぐに融資金を引き出すことが可能です。

 

この申し込みにおいてはネットや電話、店舗窓口、契約ルーム内にある自動契約機、さらに郵送などを使うこともできます。いずれも申請フォームに氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収、希望借入額など必要事項を記載して送信することで受け付けてもらえますが、さらにここで必要書類、あるいはコピーの提出が求められます。

 

一つは本人確認用の書類で、これは居住地や氏名などを証明するために使用します。一般的には自動車免許証やパスポート、健康保険証などが用いられますが、外国人ならば外国人登録証などでも受け付けてもらえます。もう一つは収入証明書。カードローン審査においては申請者の経済力や返済能力を算出する上で年収が大きな要素となってきます。そのため源泉徴収票や給与明細、確定申告書などによって本人の所得を証明する必要が生じるのです。

 

こういった書類の数々はスマートフォンのカメラ機能を利用して撮った画像データを送信することでも受け取ってもらえますし、または契約ルーム内のカメラ機能やスキャン機能などを使って先方に伝えることも可能です。さらに条件によってはファックスや郵送にて写しを送ることも可能です。