働いてなくてもお金借りれるカードローン

消費者金融業者のキャッシング契約を行う際には、所得証明が必要となります。これは消費者金融は総量規制の対象となっており、収入の3分の1までしか融資することが出来ず、その所得確認のためです。また、基本的には収入のある人にしか貸し付けていません。ですからまず働いていなければ契約することが出来ない、つまりお金を借りることは不可能なのです。しかし、銀行カードローンについては働いてなくてもお金借りれる場合があります。その対象となるのは専業主婦です。夫が仕事に就いて安定した収入がある場合に限り、借入が可能となる専業主婦専用のカードローン商品が大手銀行やインターネットバンクに多数存在しています。借りる際の申込時においても、銀行カードローンは総量規制の対象外であるために、所得証明の提出は必要ありません。また、審査のときに夫に連絡がいくことがありませんので夫に内緒で契約をすることもできます(殆どの銀行では契約申込がインターネット上で完了します)。もっとも、夫が働いていることが条件ですので、実質的には『働いていなくてはお金を借りられない』ことにはなります。また、融資限度額も実際に自分で収入を得ている人よりも低く設定されます。銀行のカードローンですので金利は消費者金融よりも低くいという利点がありますが、自分に収入が無い人がお金を借りるわけですから、計画的な利用が必要です。夫の内緒で借りていても、返済が滞った場合には即座に自宅へ請求がいきますので、滞納には注意しておかなければなりません。