審査の緩いカードローンはどこか

お金を借りる時には必ず審査があります。通過できないとお金を借りることができないので、借入れにおいて一番のハードルとなるでしょう。

 

審査では個人情報と信用情報がチェックされますが、最も重要なのは信用情報です。信用情報とは、債務者の返済能力のことで、これまでの借入れ件数、借入れ額、返済状況などから判断されます。
例えば、一般的には収入が高い人が有利とされていますが、収入が高くても信用情報に問題があれば結果は厳しいでしょう。対して、収入が高くない人でも信用情報に問題がなければ良い結果がもらえます。

 

信用情報では、ブラックになっている人は借り入れはかなり厳しいと思ってください。
ブラックは正確には事故情報といい、返済の滞納や延滞、多重申し込み、債務整理など債務者の過失によってついた傷です。ブラックの場合はほぼ不可能ですが、審査基準は各社で変わるので融資してくれる会社がゼロになるわけではありません。

 

では、どの会社なら利用できる可能性があるのかですが、消費者金融系がおすすめでしょう。
消費者金融のキャッシングはもちろん、銀行カードローンもチェックしてみてください。消費者金融と提携または合併した銀行のカードローンの融資条件の項目に「保証会社の保証を受けられる人」とありますが、これはいわゆる消費者金融の審査に通過できた人という意味です。
銀行というと低金利で知られている反面では審査チェックが厳しいのがネックですが、消費者金融系銀行カードローンなら低金利でもチェックが緩いのが特徴です。